この案件の相談はLINEへ

働かなくても生きていける国3選!できるだけ働かずに生きる方法と移住したい人へのアドバイス

働かなくても生きていける国3選!できるだけ働かずに生きる方法と移住したい人へのアドバイス

こんにちは、テツヤです。

あなたはラッキーです。

本記事では、働かなくても生きていける国を調査したうえで、できるだけ働かずに生きるための究極の働かなくても生きていける方法をお教えします。

働かなくても生きていける国ってあるのかな?

もう働くのがしんどいから、そんな国に移住したいよ・・・

といった、疑問や悩みを解決します!

毎日朝早く出勤して、夜8時や9時まで残業する毎日、お金を稼ぐためとはいえ、こんな毎日だと働くのがイヤになりますよね。

そんな生活から抜け出すには、

「働かなくても生きていける国」

に移住すればOKです。

嘘のような話で大袈裟なことに聞こえるかもしれませんが、そんな生き方も事実可能なんです。

仕事に追われることなく、リゾート気分の海外生活を満喫できますよ!

実際に世界中を旅しながら稼いでいる私が解説していきます!

ということで今回は、

を解説します。

結論、働かなくて生きていきたいなら、スマホ1台で稼ぐのがベストです!

目次

働かなくても生きていける国 3選

実際に私が移住した経験から、おすすめの働かなくても生きていける国が以下の3つです。

ここで紹介する3ヶ国(ドイツ、デンマーク、オランダ)は、日本と比べて圧倒的に労働時間が少ない国です。

どのくらい働かなくて良いのか、それぞれ紹介していきます。

ドイツ

働かなくても生きていける国 3選「ドイツ」

働かなくても生きていける国の1つ目はドイツです。

OECD(経済協力開発機構)の2022年度の年平均労働時間のランキングによると、ドイツは1年あたりの労働時間が世界で最も少ない国だそうです。

参考:OECD(経済協力開発機構)

ちなみに、ドイツの年平均労働時間は1,341時間に対して、日本の年平均労働時間は1,607時間なので、年間で266時間も労働時間が少ないことになります。

ドイツでは、Arbeitszeitgesetz(労働時間法)で労働時間を厳しく規制していて、基本的に1日8時間以上働いてはならない、とされています。

残業することが当たり前となっている日本からすると、羨ましい話ですよね。

このように、ドイツの労働者は過度な労働から保護され、ワークライフバランスが取りやすい環境が整っています。

テツヤ

ドイツは法律的に、残業してまで働かなくてもOKな国なんです☝️

デンマーク

働かなくても生きていける国 3選「デンマーク」

デンマークも、労働環境がめちゃくちゃ良い国として有名です。

同じく、OECD(経済協力開発機構)のデータから見ると、

デンマークの年平均労働時間は1,372時間とされています。

というのも、デンマークでは労働時間に関して以下のルールを定めているから。

労働時間のルール内容
11時間ルール24時間内に11時間の休息をとる資格を持てる
週に1度、昼夜の休暇を取得するルール週に1度、昼夜の休暇を取得する権利を持てる
48時間ルール7日間の平均労働時間が48時間を超えてはならない

このように、デンマークの労働時間は法律によって明確に決まっています。

なので、仕事で疲労やストレスを感じる人が全然いないんですよね。

事実、OECD の「より良い暮らし指標」で、デンマークのワーク・ライフ・バランスに関する得点は10点満点中8.6点の第2位を獲得しています。

日本の3.4点(37位)と比較しても、その差は歴然ですね。

参考:仕事と生活のバランス(OECD)

などなど、数値を見るだけでもデンマークの労働環境の良さが伺えますよね。

オランダ

働かなくても生きていける国 3選「オランダ」

オランダも、仕事と生活のバランスを重視している国家の一つです。

OECDによると、オランダの年平均労働時間は1,427時間です。

週5日勤務とした場合、1日あたり5.9時間の計算になります。

テツヤ

つまり、朝9時に出勤して午後3時前には帰宅できるってことになりますね!

毎日夜遅くまで働いている会社員からすると、まさに夢みたいな話ですよね。

オランダに移住すれば、日本みたいにあくせく働く必要はなくなります。

また、年平均労働時間だけで見ると、ノルウェーも働きやすい国とされていますが、私個人的にはオランダがおすすめです。

オランダは2023年のクオリティ・オブ・ライフ指数で、世界第1位にランクされています。

クオリティ・オブ・ライフ指数というのは、国や都市住みやすさや生活の質をさまざまな基準で評価するための指標です。

評価基準には、購買力、汚染レベル、住宅価格と給与の比率、生活費、安全性、医療制度、交通混雑、気候などが含まれていて、

オランダは、全体的に見ると特に生活費、医療制度、交通の便、安全性で優れているようです。

とはいえ、ノルウェーも特に自然環境やアウトドアアクティビティが豊富な点では魅力的ではあるので、ここはあなたの好みによって選択すると良いかと思います。

働かなくても生きていける国で理想の生活は難しい話

ここまで、働かなくても生きていける国を3つ紹介しました。

どの国も労働時間が短いので、仕事に追われることなく生活できそうですよね。

ただし、

「今すぐ移住しよう!」

「全く働かずにのんびり暮らそう!」

というワケにもいかないんです。

詳しく説明しますね。

最低限のお金は稼がないと生きていけない

「働かなくても生きていける国」と聞いて、

毎日寝てても生きていけたり、ニートとして生活できると思ったかもしれません。

でも、さすがに海外に移住して、一切労働せずに生きていくには無理があります。

どれだけ労働環境が良い国でも、働かなかったら収入は発生しませんからね。

あくまで労働時間が短くて、働きやすい、生きやすいというだけで、全く働かなくてもOKということではないので注意してください。

国によっては移住が難しい場合もある

「さっそく移住しよう!」と思っても、国によっては移住が難しい場合もあります。

例えば、先ほど紹介したドイツは移住が難しい国として有名です。

ドイツで永住権を取得するには、

  • 5年以上の滞在
  • 高いドイツ語能力
  • 生計が立てられている
  • 税金・保険料をきちんと納めている

これらの、クリアするべき条件があります。

また、シンガポール、オーストラリアのように、ビザが取りにくい国も意外と多いんです。

というように、せっかく移住したい国が決まっても、そこで生きていく資格が得られない場合もあるんです。

働きたくないなら「物価の安い国+スマホ1台」がベスト!

と、ここまでの話を聞いて、

結局、どの国でも働かないとダメなのか、とショックを受けたかもしれません。

確かに、100%全く働かないのは無理ですよ。

でも、極限まで働かなくても生きていける方法もあります。

その方法は、私がこれまでにやってきたことなのですが、

「物価の安い国に移住してスマホ1台で稼ぐ」ことです。

物価の安い国は働かなくても楽に生きていける

まず第一に、物価の安い国に行けば、働く時間を限りなく少なくすることができます。

理由はシンプルで、買うモノ全てが安いからです。

例えば、物価が安いことで有名なセブ島(フィリピン)ですが、

売られている商品の価格はこのようになっています。

商品価格
ミネラルウォーター(500ml)49円
カップヌードル57円
タクシー初乗り99円
ガソリン(1リットル)116円
家賃(1人暮らし用)月3~5万円
※家具付き
※ジム・プール完備
※24時間セキュリティ付き

このように、セブ島では、ほとんどのモノが日本の半額以下で購入できます。

家賃にしても、月3〜5万円ほどあれば、高級タワーマンションのような物件にでも住めるんです。

これなら、ちょっとした稼ぎでも十分生活していけますよね。

なので、働きたくないなら、ひとまず物価の安い国に行けばOKなんです。

スマホ1台で稼げればどの国でも仕事ができる

ひとまず物価の安い国に行けばOK、とは言いましたが、実際に移住するとなると労働やお金以外の問題で、

  • 慣れない文化・風習
  • コトバの壁

などもあり、移住してちゃんと仕事に就けるかな、と不安に思いますよね。

だったら、仕事に就かずスマホ1台で稼いでしまえばOKです。

スマホやパソコンでサクッと月10〜15万円稼いで、そこから移住するんです。

スマホやパソコン1台でいいなら、どの国でも仕事ができますよね。

また、無理して異国の地で就職する必要もありません。

月15万円もあれば、物価の安いセブ島などでリゾート気分を満喫しながら生活もできますよ。

テツヤ

私の知ってる経営者にも、パソコンやスマホで稼ぎつつ、タイでのんびり暮らしている人もいます。

働かなくてもお金が入る方法なら「ネットビジネス」で不労所得

働きたくないなら、「物価の安い国+スマホ1台」がベストという話をしました。

ただそうなると、スマホ1台で本当に稼げるの?と思ったはずです。

でも今の時代、スマホやパソコン1台で稼げる仕事なんて山ほど存在します。

しかも、知識なし・スキルなしでも余裕でできる仕事ばかり。

私自身、スマホ1台でいろんな国に行けるようになった話

ちなみに、私もスマホやパソコンが1台あれば、どこでも稼げるようになった1人です。

会社員時代からネットで稼げる副業をいくつも挑戦してきて、継続して収益を伸ばしていきました。

私が選んだネットビジネス・副業は、自分の好きな時間に取り組めるし、やればやるほど収入として跳ね返ってきます。

好きな時間に働いて稼げる、かつ、不労所得になり利益も大きいのがネットビジネスの特徴ですね。

ネットビジネスを副業にして3ヶ月ほどで月15万円どころか、月100万円にまで膨らんで、そこからもさらに収益が伸び、そのまま脱サラし自由な時間と余裕が手に入りました。

今は日本に戻っているので、物価の安い国に移住しているわけではありません。

しかし、

  • 1日の作業時間は3時間
  • 不労所得が月収70〜100万円ほど
  • 朝、起きる時間は自由
  • 休みたいときに休む
  • 沖縄の田舎に引っ越す
  • 毎月国内旅行、年4~5回は海外旅行に行ける

など、あくせく働く必要なく、自由気ままな生活を手に入れました。

とりあえずパソコンやスマホ1台で稼げるようになれば、そのあとはあなたの自由です。

「絶対に物価の安い国に行く!」と移住してもOK。

仮に移住する気がなくなっても、個人で自由に稼げるし、ストレスのない生活を実現できます。

どうせスマホで稼ぐ仕事は、失敗してもダメージは0です。

気軽に挑戦してみて損はないはず。

私も最初は会社員からの副業スタートでした!

テツヤ

副業で稼ぎたい!と思いがある方は、ネットでお金を生み出す方法をお教えできますので、お気軽に連絡してください。

【結論】パソコンやスマホで生きていける最強の副業は「ネットビジネス」

ここまで、働かなくても生きていける国や、できるだけ働かずに生きる方法をお伝えしてきました。

また、働きたくないなら、物価の安い国にいってスマホ1台で稼ぐことがベスト!とお伝えしてきましたが、

  • 結局、どの仕事が一番いいの?
  • 実際、どのくらい稼げるの?

といったことが気になりますよね。

結論、私が今すぐ取り組みはじめた方が良いオススメの働き方は、ネットビジネスを副業にすることです。

特別なスキルなど無くとも、月収100万円は余裕で生み出せちゃいます!

ネットを活用した副業は、月に100万円とか200万円なら、ぶっちゃけ全然狙える範囲なんです。

私は過去に、ひと月で1000万円を超えたこともあります。

先ほど「月15万円で移住」とお伝えしましたが、ネットビジネスはそんなレベルの話ではないんですよね。

ネットビジネスで成功すれば、移住先で今とは比べものにならないほどの充実した生活を送れます!

ネットを活用して稼いでみたい!という方はぜひ私と繋がっておいてください。

実際に私が稼いでいる案件であれば、すぐにでもご紹介できます。

ネットを活用したお金の稼ぎ方をお教えします!

繰り返しになりますが...。

私の公式LINEでは「ネットを活用して、最短で月30万円稼ぐ方法」をお教えしています。

LINE登録してくださっている方々からの要望で、私のノウハウをすべて公開することにしました!

ネットビジネスや副業で稼ぐことに少しでも興味があるなら、LINE追加してみてください。

どうせ無料なので、登録しておいて損はないです。

ただし、ノウハウは予告なく削除することがあります。

今のうちにLINE友だち追加しておいてください。

今回は以上です。

テツヤ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

\今だけメール限定の神案件!/

メルマガ始めました!

メール限定で「極秘の優良副業」を共有しています!こちらも登録しておいてください(^^)

この情報が参考になった方は、少しでも多くの方にシェアしてください
著者・監修者
テツヤのアバター テツヤ 著者・監修者

        

「LIFEWORK LABO」代表の川島テツヤです。ネットビジネス歴15年。2006年からネットビジネスを開始し月収7桁を達成、沖縄にて飲食店経営や経営相談、ボランティアを行う。現在は、副業を始める社会人のために、横行しているネット詐欺の被害に遭わないよう、調査・検証・解説をしています。

関連記事
LINE
目次