この案件の相談はLINEへ

「お金と時間」どちらが大事?経営者の答えと大切にする理由【アンケート実施】

テツヤ

こんにちは、テツヤです!

この記事では、気になる疑問を全解決しています!

今回の記事では、

  • お金と時間ってどっちが大事なんだろう?
  • 経営者や高収入の人って時間派とお金派どっちなんだろう?

という疑問を持ったあなたモヤモヤを解消します。

「お金と時間、どちらが大事なの?」という疑問です。

この議題は、究極の2択のなかでもド定番ですね。

人が生きていくうえで、最も大事なのが「お金」「時間」です。

どちらかを選べと言われると、どちらを選べばいいか判断に迷いますよね。

テツヤ

そんな疑問を解決すべく、今回はインターネット調査にてアンケートを行いました!

また、「お金と時間、どっちが大事」というテーマについては、

現役社長の私なりの答えもあります。

ということで今回は、

  • 「お金と時間、どちらが大事なのか」のアンケート結果
  • 現役社長が教える最強の答え

このようなテーマで記事を書いています!

ちなみに結論からいうと、「お金と時間の両方を取ればOK」です。

では、詳しくお伝えしていきます。

目次

「お金と時間」どちらが大事?アンケート結果をグラフ化!

お金と時間のどちらが大事なのか、大切にしているのかの問題について、

なによりも気になるのは、

「世間では、時間派とお金派どっちが多数派なんだろう?」

ってことですよね。

ということで、

「実際にお金をかけてインターネット調査を行いました!」

まずは、そのアンケート結果をお伝えしていきます。

「お金と時間」どちらが大事?【アンケート結果】

「お金と時間、どちらが大事ですか?」

私が独自で調査したアンケート結果は、以下の通りとなりました。

\ 現代で働く男女100人にアンケート /

「お金と時間」どちらが大事?【アンケート結果】
アンケート「お金と時間、どちらが大事ですか?」

お金派・お金を大事にする人:59%

時間派・時間を大事にする人:41%

アンケートの詳細は、以下のとおりです。

アンケートの詳細
  • 調査対象:現代で働く男女
  • 対象人数:100名
  • 調査方法:インターネット調査

インターネット調査は、フリーランスや副業で働く方が集まる「Lancers」を使っての調査結果です。

「お金派・お金を大事にする人」の意見

「お金が大事派」の実際の意見も少し紹介します。

生活していく上でなんだかんだお金はないと困るし、まずは最低限生活できるお金がなければ時間というものが活きてこないと思う。

お金さえあればほとんどのことは解決できます。
時間だって人を雇うとか外注するとかして作り出すことが簡単に出来ます。
お金が万能です。

時間があっても十分なお金がなければできることは限られてしまう。逆にお金があれば、ある程度は時間を買うことができる。なので、まずはお金の方を重視する。

「お金派」の意見としては、「お金があれば時間さえ作れる」といった印象を受けます。

「時間派・時間を大事にする人」

「時間が大事派」の意見もまとめると、

お金は頑張れば増やす事が出来ると思うけど、時間というのは限られていて一日24時間だけだし、自分の一生の時間というのは決まっていると思うので、時間にしました。

お金が沢山あっても、時間がなければ何もできない。時間が沢山あれば、お金はある程度稼げることは出来る。時間はその時、その時に重要性も変わる、大切に使いたい。

お金は、本来は循環するものなのでいずれは自力で稼いで取り戻すことができますが、時間は有限で取り戻せませんのでやはり時間が大事だと考えます。お金を稼ぐにも時間がないとできないわけです。

時間派の方は、このような意見がありました。

やはり、「時間は有限」という意見が多いですね。

お金があっても、時間が無ければ人生を無駄にする、といった印象を持つ人が多いようです。

これらのアンケート結果。

あなたからすると意外でしょうか?

それとも予想通りですか?

テツヤ

あなたの感想があれば、ぜひSNSでシェアして教えてください(^^)

「お金と時間」どちらが大事?私は「両方」です。

アンケートの結果を伝えたところで、私の意見もお伝えします。

私はお金と時間、どっちが大事かと言われると絶対に「両方」と答えます。

はい、両方です。

どちらかと何度聞かれても、お金と時間はどちらも大切にします。

実は、お金と時間のどっちが大事か議論なんて、そもそも無意味なんです。

私からすると「両方ないと意味はないでしょ」って思います。

ひねくれた回答かもしれませんが、現代で生きていくためにはそれが正しいと実感しています。

その理由を説明しますね。

「時間」があってもお金がないと不便

まず、どれだけ時間があっても、お金がないと不便です。

毎日自由でも、毎月10万円しか使えなければ、食べるのすら制限されます。

ミニマリストなどの一部を除いて、時間が余っていてもお金がなければ、幸せにはなれないでしょう。

また、そもそも「お金」がないせいで時間が作れない場合もあります。

例えば、長距離移動でタクシーや電車が使えなかったり...。

お金がないから忙しくても自炊しなければいけなかったり...。

時間が余っていても、お金がないと結局「時間を無駄に使う生活」になるわけです。

「お金」があっても時間がないと不幸

じゃあ「お金のほうが大事か」と言われると、それも間違い。

お金がどれだけあったとしても、時間がないと不幸になってしまいます。

毎月100万円を稼いでいても、1日12時間労働だと、遊ぶ時間が取れないわけです。

人気の芸能人とか、医者とかよく言いますよね。

「お金はあるけど使う時間がない」ということになります。

肝心なお金を使う時間がなければ、死ぬときのためにお金を稼いでいるようなものです。

それでは本末転倒ですよね。

だから私は「お金と時間は両方あって初めて幸せになれる」という答えに辿り着きました。

どっちもあれば自由&幸せな人生が待っている

このことから分かるのは、お金も時間も、どちらも重要であり、どっちも大事だということ。

言い方を変えれば、「お金」「時間」の両方があれば自由&幸せな人生が待っています。

例えば、なにもしなくても毎月500万円が銀行口座に入金されるとしたらどうでしょうか。

お金の心配をせずに余った時間で、いくらでも好きなことができます。

白か黒、で悩むのではなく「両方いけばいいじゃん」という感覚が大切です。

「お金と時間」はどちらも大事!どっちもGETしよう!

私の結論としては、お金と時間、どちらも大切です。

でも、そんなことを言い出すとこんな意見もあります。

テツヤ

どっちも大事なのはわかるけど、現実問題、なにかを犠牲にしないといけないよね...、と考える人がいます。

しかし、私から言わせてもらうと、お金と時間は両方とも取りに行けるんです。

お金と時間はどちらも取りにいけます!

実は、お金と時間ってどちらも取りに行けます!

あなたの人生で、どちらかを犠牲にする必要なんてありません。

お金と時間を両方ゲットできれば、まさに自由な生活が待っています。

意外と知らない人、多いんですけどね。

でも、実はこの世の中、お金と時間のどちらもゲットしている人はたくさんいます。

SNSのおすすめとかでも、毎日、楽しそうな旅行の写真をあげてて働いている感じがない人がいますよね。

あのような生活を送っている人って、目立って顔出しする人が少ないだけで、実は世の中にたくさんいるんです。

私の周りにいる人は、全員そんな人たちで、毎日自由に生活されています。

私もお金と時間をどちらも手にして自由になった

ちなみに、この記事を書いている私も、お金と時間のどっちも手に入れる生活を手に入れました。

私は、もともとお金も時間にも余裕が持てない生活を送っていた、ごく普通の会社員でした。

しかし、副業でネットビジネスを始めてから、自分で稼げるようになって円満退社しました。

まさにお金と時間から解放された毎日を過ごしています。

もちろん、余裕があるからといって毎日だらだらとせず、

今の働く時間も、手に入れるお金にも満足せず、仕事は適度にがんばっている最中です!

「お金と時間」どちらも取る方法

ですが、とはいえ、自分にはお金と時間をどっちも取るなんてできない、と考える人もいるでしょう。

そんな方も安心してください。

本記事では、お金と時間、どっちも入手する方法をお伝えします。

この記事を読んでいるあなたも、以下のノウハウを意識すれば、必ずお金と時間を手に入れた人生を送れるはず。

雇われの身だと一生、無理

一部の人にとっては残酷かもしれませんが、しっかりとお伝えさせていただきます。

リアルな現実として、

あなたがもし会社員やバイトなどの雇われの身の場合、時間とお金の両方を手にすることは不可能です。

これは間違いありません。

なぜなら、雇われの身は、拘束時間ともらえる給料が決まっているからですね。

「1日3時間の労働で月収100万円!」みたいな会社員、この日本にはいません。

つまり、世の中でお金と時間の両方を手に入れている人は、雇われの身ではないわけです。

自分で稼ぐ手段を手に入れるべき

お金と時間、どっちも手に入れるには、なにをすればいいのか。

結論を言うと、自分で稼ぐための手段を手に入れるべきです。

お金と時間を持っている人はもれなく会社員+個人の稼ぎを手に入れています!

ネットを活用して稼げるようになるべき!

最近では、比較的簡単に作れる「個人で稼ぐ方法」として注目されつつあるのが「ネットビジネス」です。

ネットビジネスとは、名前のとおりネットを活用したビジネスや副業のことです。

あ、これ決して怪しい話ではないので安心してください。

例えば、ネットビジネスの代表例として、以下のようなものがあります。

  • YouTube活動
  • 広告×メルマガ
  • コンテンツネットショップ

などなど、少しはネットビジネスがどういうものか、イメージできたかと思います。

これらのネットビジネスの魅力は、「放置しておいてもお金が入り続けること」です。

稼いだ収入が、その日、その月で終わらない「不労所得」になることもメリットとしてありますね。

ネットビジネスは、やればやるほど収入を増やすことができる稼ぎ方のひとつです。

テツヤ

私は、このネットビジネスを活用してお金と時間の両方を手に入れました!

「1日3~4時間の労働で月収100万円」くらいであれば、誰でも達成できます。

また、収入が増えれば、そのお金でアパートを購入や良い投資先を見つけて投資をすればいいんです。

つまり、完全な不労所得を手に入れるための最初の一歩、とも言えます。

私も会社員時代から、ネットビジネスを副業にし始めて、少しづつ収入を増やしていきました。

ネットビジネスならすぐに始められる!

しかもネットビジネスの良いところは、誰でもすぐに始められる点です。

パソコンやスマホが1台あれば今日からでも始められます。

膨大なお金や、たぐいまれな才能もいりません。

普通の会社員だった私も、時間を費やしてきたことで脱サラも達成できたわけです。

「お金と時間、どっちが大事だろう?」とか考えるのは今日からやめましょう。

今日から「お金と時間、どっちも手に入れるぞ!」という思考になりましょう。

「お金と時間」どちらを大事にすべきかの答え【まとめ】

ここまで、お金と時間のどちらを大事にする人が多いのか、また、現代を楽しく生きていくのはどちらを大事に考えるべきなのかについて、私の経験をもとにお伝えしてきました。

まとめると、

  • お金と時間、どちらを大事にするかの答えは「どちらも大事にするべき」
  • 意外と、お金と時間をどちらも手にしている人は多い
  • お金と時間を手にするのは、自分で稼ぐ手段を見つけ出すこと

私は、もともとは、お金に余裕がないときは、お金が一番大事だ!と言いつつも、

いざ1日20時間以上仕事に時間を使って収入が増えたときには、お金なんていらない、時間が一番大事だ!と、

負のスパイラルから抜け出せなかった普通の会社員でした。

それをきっかけに、どうすれば「自分でお金を稼ぐことができるのか」を調べ尽くして、ネットビジネスに出会いました。

会社員時代に、副業としてネットビジネスに取り組み始めて、3ヶ月ほどで収益が伸びてきて、無事に脱サラまで実現できたんです。

今は沖縄の田舎でポチポチ作業しながら、月100万円以上を稼ぎながら、投資や事業出資をして安定した収入を作れています。

自分で稼いでみよう!と決心できたきっかけがあったから、お金・時間の悩みがすべて解決できました!

なにより、仕事そのものが楽しいので、生きてる実感があります。

ネットビジネスは、ローコストなビジネスなので、失敗してもダメージはありません。

「お金と時間のどちらも必要だな」という思いがあるなら、まずは自分でなにか挑戦を始めてみてください。

とはいえ、

  • 何から始めればいいのか分からない...
  • 自分で稼げるようになりたいけど不安が勝ってしまう...
  • ネットで稼ぐ方法を知りたい!

というお考えがあれば、お気軽にご連絡ください(^^)

私のLINEから、稼げる特別な副業情報をお教えできます。

LINE友だち追加はここから▶︎

いつでもお気軽にご連絡ください。

それでは、今回はここまで!

テツヤ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

#お金と時間どちらが大切か #時間派 #お金派

\今だけメール限定の神案件!/

メルマガ始めました!

メール限定で「極秘の優良副業」を共有しています!こちらも登録しておいてください(^^)

この情報が参考になった方は、少しでも多くの方にシェアしてください
著者・監修者
テツヤのアバター テツヤ 著者・監修者

        

「LIFEWORK LABO」代表の川島テツヤです。ネットビジネス歴15年。2006年からネットビジネスを開始し月収7桁を達成、沖縄にて飲食店経営や経営相談、ボランティアを行う。現在は、副業を始める社会人のために、横行しているネット詐欺の被害に遭わないよう、調査・検証・解説をしています。

関連記事
LINE
目次